マガジンのカバー画像

サービス・プロダクトについて

8
サービス・プロダクトへの想いや取り組み、未来についてお届けします。
運営しているクリエイター

#マネーフォワード

プロジェクトを横断して新機能を開発した話

こんにちは、デザイナーの遠藤です。先日マネーフォワード MEのアップデートで「個別資産詳細」というページがリリースされました。(HOMEカンパニーのこちらの記事も参照ください)こちらの開発の経緯と、自分が学びになった点について今日は書いてみたいと思います。 プロジェクトの体制が整わない時 こちらのプロジェクトは当初、マネーフォワード MEに付随する機能の開発が目的ではなく、新規プロダクトとして個人お客様の投資のサポートすることを目的に発足していました。 ですが、なかなか新

スキ
37

マネーフォワード ME 大好評 「資産管理新機能」がリリースされるまでのPdMとデザイナーの軌跡

2022年4月11日にリリースされたマネーフォワード MEのプレミアムサービス新機能。 証券口座を連携すると、運用する銘柄の「取得額」「評価額」「平均取得額」などの運用成績や、ドル建て表示など、投資資産の運用成果をより詳細に確認できるようになりました。 この「運用成績の見える化」は、リリース後SNSなどでもユーザーからの好評の声が相次ぎ、利用率も想定の4倍以上と、ユーザーへの提供価値として大成功といえる機能に。 しかしこの機能は、当初のプロダクト構想とは異なっており、何

スキ
26

「保険の見直し」、「マネーフォワードの生命保険」に込めた、人生の不安を減らし可能性を大切にしてほしい熱い想い

こんにちは、マネーフォワードホームカンパニー採用広報チームです。 現在ホームカンパニーのサービスには『マネーフォワード 固定費の見直し』シリーズがあります。2020年では電気代、2021年では保険料を対象にユーザーに向けて提案してきました。 今回は『固定費の見直し』シリーズの事業を進めてきたこのお二人に、「保険の見直し」サービスについて改めて聞いてみました! マネーフォワードのプロダクトづくりの裏側をみなさんにもシェアしながら、ホームカンパニーの魅力を知ってもらえたら嬉

スキ
32

マネーフォワードが考える「必要最小限」の保険とは

こんにちは!マネーフォワード広報部の田淵です。 『マネーフォワード 固定費の見直し』より、『マネーフォワード ME』に登録されているデータを使って診断できる「保険の見直し」機能がリリースされました。 実際に診断してみたところ、私は保険が「不要」という診断になりました。 ※上記画像の金額はダミーの数値です。 私自身社会人になってから当たり前のように保険に加入し、保険が「不要」という考えは無かったので、とてもびっくりしました。 本当に保険は要らないのか、「保険の見直し」の

スキ
59

事業開発における新サービスの作り方

こんにちは、マネーフォワードの個人向け事業を展開する、ホームカンパニー 事業開発部の志賀です。 今日は前回のインタビュー記事でも多少触れられていた、事業開発ってどのように進めるの?という部分にフォーカスした内容をテーマに書いてみようかと思います。 正直この領域って正解がないので、あくまでうちの場合はこういう風にやってるんだよ、という感じで生あたたかくみてもらえればと! そもそも事業開発ってなに? 新しいサービス作るところ!コンサル的な?戦略作る係! などなど色んなイメージ

スキ
62

カンパニーCTOから見たマネーフォワード ホームカンパニーの未来

昨年の12月から、個人向け事業を展開するホームカンパニーのカンパニーCTOを務めている小笠原 (@0gajun) です。 今日は先日の「ホームカンパニーの未来」という記事を元に、カンパニーCTOからみた未来について書きます。(残念ながら今回は技術成分無しです!) ホームカンパニーの未来先日、ホームカンパニーのCXOであるDOMからマネーフォワードホームカンパニーの未来というnoteが公開されました。 こちらのnoteでは、ユーザーの多くは生活資金・ライフイベント・老後の

スキ
86

マネーフォワード ホームカンパニーの未来

個人向け事業を展開するホームカンパニーのCXO(Chief Experience Officer)になってから、最初の大きめのお仕事は、リーダー合宿の運営、戦略とロードマップの策定と共有でした。 今回は、リーダー合宿の流れに沿いつつ、これからのホームカンパニーの未来をどう考えているかをお伝えしたいと思います。 ※ 社外に公開してOKなものに絞っています。 01 - みんなのお金年表 午前中は、チームビルディングの意味も込めて、自分のお金年表をつくり、グループで共有し合う

スキ
133